連帯保証人の金融機関への返済

連帯保証人の金融機関への返済

連帯保証人の金融機関への返済

連帯保証人になった場合は相手に支払い能力がなくなった時には、支払いをしなくてはならないというのはわかっていましたので、なるつもりはありませんでした。

 

しかし子供の頃からの中で大親友でもある友人に頼まれてしまえば断ることは出来ません。
今まで何度も助けてもらってきていますし、相手を裏切るような人ではないという事は私が一番わかっていましたので信頼していました。

 

連帯保証人になってからも友人との関係は良好に築けていましたし、友人の仕事も順調でしたので、すべてが問題なく動いていた感じです。

 

それなのに急に友人と連絡が取れなくなってしまい、一時的なものかと考えていましたが、いつまでたっても連絡がつかない状態が続きました。
その内には金融機関から支払いをするようにと連絡が入るようになってくると、一気に不安が押し寄せてきました。

 

金融機関からの連絡によると、友人は借金を残したまま行方知れずになったようで、支払いが私に回ってきたという事です。

 

借金を背負わされたことのショックもとても大きかったですが、友人に裏切られたショックとでダブルパンチです。
あまりのショックから返済をする気力もわきませんでしたが、債務整理をする事にし、冷静に対処していく事にしました。

ホーム サイトマップ